事例紹介

case studies

B様邸

モノではなく人が主人公となる空間へ

あらゆるモノがあらゆる場所に散在し、生活スペースにまでモノが溢れている状態でした。
モノの絶対量、定位置管理を徹底しモノが溢れない空間を目指しました。

before
B様邸
after
B様邸
溢れたモノに囲まれた空間

調理器具や食器、食材が散在していたため、作業効率が悪くモノが溢れている状態でした。

モノの指定席を決める

作業動線に沿った調理器具や食器の指定席を定め、食材はパントリーで一括管理し在庫を把握しやすいように収納しました。また、リビングから丸見えになっていた食洗器は、スチレンボードを使って目隠ししおしゃれに演出することによって、片付けたい!というモチベーションの維持に効果的に作用しています。

B様邸
03_02after
買いすぎてしまう理由

食材がいろいろな部屋に散在しているため、在庫を把握できず必要以上のモノを購入しがちでした。購入後に片付ける場所がないために、袋に入ったまま床に直置きされることもありました。

書庫をパントリーに

キッチン脇にある書庫としてお使いだった収納庫をパントリーとして利用することとし、棚を増設し収納量を増やしました。また、お客様のタイプに合わせて浅く見渡せるように収納しています。

voice お客様の声

片付けが苦手で毎日悩んでましたが、私に合ったたくさんのアドバイスを頂きありがとうございました!
これからは片付けが楽しくなりそうです!